ホーム > 海外為替 > 特定活動ビザの勘所

特定活動ビザの勘所

特定ビザというのは、けっこう幅の広いビザであるらしく、今日友人が相談した行政書士さんにも確認しましたが、最終的には法務大臣裁量なのだとか。だから、特定活動ビザの通常の類型に入っていない場合でも、裁量によって入国できる場合もあるのかと思ったら、入国はできず、そういう場合は、入国している人が何とか変更が許可されるのだということですが、その書類作成は困難を極めそうなので、プロにお願いするのがよいとの考えです。特定ビザ


関連記事

  1. 興行ビザの申請でげっそりな私

    興行ビザの申請の大変なとことは、私もエンタメ業界にそんなに長いわけでは無いですが...

  2. 配偶者ビザの申請が身に堪えた

    配偶者ビザを日本で申請するのも、米国で申請するのも正直大変さは同じです。私のフィ...

  3. 経営管理ビザの盲点

    経営管理ビザは最近改正されて、入管に問い合わせてもまだはっきり分かるわけでも無い...

  4. 興行ビザというエンタメ業界の柱

    興行ビザの申請の大変なとことは、私もエンタメ業界にそんなに長いわけでは無いですが...

  5. 特定活動ビザの勘所

    特定ビザというのは、けっこう幅の広いビザであるらしく、今日友人が相談した行政書士...

  6. 配偶者ビザの申請の書類に気が遠くなった件

    配偶者ビザの質問書は、申請の肝であることから、最終的な申請は、自分ひとりで行うと...