ホーム > 海外為替 > 配偶者ビザの申請の書類に気が遠くなった件

配偶者ビザの申請の書類に気が遠くなった件

配偶者ビザの質問書は、申請の肝であることから、最終的な申請は、自分ひとりで行うとけっこう危ないと判断しました。面白いと思ったのは、中国では、役所が賄賂をもらっていい加減な許可をしたりするので、それを防ぐためにブラックボックスにしておいて、そこに認証機関として認められた複数の企業が所属しており、役所から無作為ランダムに依頼するのだとか。日本の役所、この場合は入国管理局ですがはそこまでは腐敗していませんので安心しましょう。配偶者ビザ 質問書


タグ :

関連記事

  1. 興行ビザの申請でげっそりな私

    興行ビザの申請の大変なとことは、私もエンタメ業界にそんなに長いわけでは無いですが...

  2. 配偶者ビザの申請が身に堪えた

    配偶者ビザを日本で申請するのも、米国で申請するのも正直大変さは同じです。私のフィ...

  3. 経営管理ビザの盲点

    経営管理ビザは最近改正されて、入管に問い合わせてもまだはっきり分かるわけでも無い...

  4. 興行ビザというエンタメ業界の柱

    興行ビザの申請の大変なとことは、私もエンタメ業界にそんなに長いわけでは無いですが...

  5. 特定活動ビザの勘所

    特定ビザというのは、けっこう幅の広いビザであるらしく、今日友人が相談した行政書士...

  6. 配偶者ビザの申請の書類に気が遠くなった件

    配偶者ビザの質問書は、申請の肝であることから、最終的な申請は、自分ひとりで行うと...