ホーム > 愛犬・愛猫 > 犬を飼う上で気を付けること

犬を飼う上で気を付けること

ペットとして犬を飼うことになったら、まず気をつけなければいけないのがフィラリアです。フィラリアは、宿主である犬の心臓と肺動脈に寄生する犬糸条虫のことでことで、宿主に様々な病気をもたらし、徐々に弱らせて寿命を縮める恐ろしい寄生虫です。蚊が媒介する病気なので、春から秋にかけての蚊が活動する季節には特に注意が必要です。現在は適切な予防薬がありますので、獣医師の指導に従いきちんと予防薬を飲ませるようにすれば、感染することはありません。

 

感染してしまった場合、体力のある若いうちでしたら完全に駆除することも可能ですが、フィラリアによりダメージを受けた肺や心臓、血管が完全に元の状態に戻ることはありません。できるだけ早いうちから対策を開始し、決して感染させないようにすることが大切です。

愛犬のノミ退治の決定版